68

モダンで明るく、暖かく。築34年のマンションをリフォーム。

札幌市北区A様邸

所有しているマンションを賃貸にだしていたA様ご夫婦。ご主人が転勤で再び札幌に戻るタイミングと、借主様の退去のタイミングがほぼ同じになったため、「久しぶりに自分のマンションに住もう!」となったのだそう。

築34年となりますと、ある程度の経年劣化はやむを得ません。
長い間、色々なご家族が暮らしたことによる痛みもありました。

そこで、この機会にリフォームをして気持ちよく暮らしたいと考えたA様。

ご希望は大きく3つ。
リビングの横にある和室を洋室に変更したい、収納が少ないので増やしたい、冬も暖かく暮らしたい、というものでした。

まず、リビング横の和室です。

こちらを洋室に変更し、開け放つと大きな一部屋にも、扉をしめると独立した洋室にもなるようにリフォームを行いました。
明るい大空間の誕生です。

続いては、収納。
和室の押し入れは、このままでは暮らしづらいですし、玄関収納も必要です。

そこで、押し入れは天井いっぱいまで収納できる大型クローゼットに変更、玄関には鏡面のある収納を設置しました。

 

冬も暖かくお暮らしいただくためのリフォームは、内窓をペアガラスに変更、給湯暖房ボイラーとファンコンベクターを新しいものに交換しました。また、洋室の結露がひどかったので外壁側壁に断熱材の補強を行いました。


水回りについては、マンション用の「水回り4点セット」を適用し、全てLIXILにリフォーム。

採用した設備は下記です。

ユニットバス:リノビオV/洗面:ピアラ(トールキャビネット付)/トイレ:リフォレ/キッチン:アレスタ


今回のリフォーム、実は当初、A様ご夫婦としては「せっかくの機会なのでフルリノベーションしたい」というご希望でした。

間取りを変えたり、水回りの位置も大きく見直したりして空間全体を創りなおすフルリノベーションは、一戸建てでもマンションでも、お住まいの印象をガラリと変えてくれます。毎日の暮らしも大きく変わり快適になるのですが・・・なんと!借主様はすでに退去済みでご主人の転勤に伴うお引っ越しの日もすでに決まっているとのこと。

で、あれば。

まずはスケジュールを最優先にしながら、最善と最適を実現しましょう!とスタートした工事だったのです。

 

スケジュールが無いとはいえ、お仕着せのリフォームはできません。何より、それでは施主様が楽しくありません。

真っ白な図面に、線を1本ずつ加えながら夢を形にしていく新築一戸建ての「ワクワク感」は、リフォームにおいても同じ。むしろ、そもそもの面積は変えられない、マンションの管理規約もある・・・そんな様々な条件があるなかで、実際の空間を確認しながら、新しい空間を創り上げるからこそ、「ワクワク感」が増すのがマンションリフォームなのです!

ドアの色や床の色、住宅設備など、ご夫婦で実物を確かめながら選ぶ楽しさも味わっていただけるよう、弊社ショールームの他、各メーカーさんのショールームもフル活用しました。そんなお二人の様子を見ながら、お好みを共有しイメージ通りの空間になるよう、担当者も想像力をフルに働かせて出来上がったのが、このお住まい。

「イメージ以上に、いい出来栄えです」と、お引き渡しの時に言っていただけたのは、何よりの喜びです。

長らく賃貸に出していたお住まいを、ようやく、いまのお二人らしく暮らすために行ったリフォーム。
スケジュールは確かに厳しかった!けれど、私たちも「いい出来栄え!」と思える工事になりました。

引戸を開け放ったときに一体感が出るようフローリングに敷居を付けず、天吊りタイプを採用。

4枚引戸がフルオープン可能なアルミ引戸です。お掃除もしやすいです。

断熱補強を行った洋室。

機能的なキッチン。収納力も抜群です。コンセントの増設なども施し、暮らし始めてからでは手遅れになる部分も配慮しました。

DATA:物件面積=68.72m2/工期=約40日