18子供には元気に走り回ってほしい。収納上手で、吹き抜けリビングの明るい家。

札幌市東区O様邸

「子供には家の中でも思い切り走って、大きく育ってほしい」と、家を建てようと思ったO様。まずは、いろいろな住宅メーカーを見て回ったが、友人から豊栄建設を紹介され、「限られた予算の中で自由度がきいてやりたいことを実現してくれる」と思い、決めた。実際3名チーム(営業・設計・コーディネーター)で打合せに入り、次回の打合せにはやりたいことが反映されており、「とてもやりやすく満足だった」。

 

まず、こだわったのは、パントリーなど収納を多めに作ること。歳を取ってからもこの家で過ごせるよう、2階に上がらなくても、1階で大体過ごせるよう考えて、クローゼットなど収納を1階に集中させた。マンションのワンフロアの利便性を、一戸建てで同じような暮らしができるようにしたかった。収納はシンプルに、片付けやすく、探しやすくを基本に、床に物を置かない工夫がされている。

 

ご主人の要望は明るい家にすること。周りを建物で囲まれているので、リビングは吹き抜けにした。南向きの窓からは日が射し込み、明るく開放感がある。リビングは家族が一番集まる所なので、集まれる雰囲気も大事。ウッドブラインド採用など、木を感じさせる色合いとしつらえで、落ち着けるリビングになった。

 

奥様のお気に入りは、広いキッチン。パントリーのおかげでスッキリ収納もされている。作業スペースも増え、前は2人並んで料理ができなかったが、今は子供も含めてみんなで料理できるのがうれしい。

 

新しい住まいになってからは、以前よりも増して、早く家に帰ってゆっくりしたいと思うようになったご主人。一番うれしいのは、子供が元気に走り回ってくれていること。収納のおかげで、物が整頓され、しかも、下に物を置いていないから走りやすく安全。ご主人も小さいころは一軒家で育ったので、2人の男の子には、思いっきり走り回って育ってほしい。

リビングは家族が一番集まる所。木々を感じさせる色合いとしつらえで全体的に落ち着いたリビングになっている。

リビングの吹き抜け。周りが建物に囲まれていても、吹き抜けの高い窓からは日が入り、いつも明るく開放感がある。

広く明るいキッチン。ご夫婦二人はもちろん、今は子供も含めてみんなで料理できるのがうれしい。

キッチン横のパントリー。床に物を置かない方針はここでも徹底され、野菜など小さい物は壁に引っかけて下げるようにしてある。

階段下を利用したスペース。将来は猫の家にするため、壁を消臭対応にして、コーディネーターのアイデアを取り入れ、屋根の形に。