05ひかり、みどり、に包まれる家

札幌市豊平区B様邸

隣を大型の競技公園に接するB様邸。立地を活かして上手にひかりと借景のみどりを空間全体に行き渡らせるよう設計されている。

多面的に設けた開口に加え、壁紙、フローリングを白ベースにすることで明るさを際立たせることで、広さを感じさせる効果を生んでいる。

階段室の吹抜、多面の採光、腰高の間仕切りなど空間の広かがりとひかりを巧みに取り入拡散しようとする試みは、この邸宅の2階リビングという間取りにも端的に現れている。

住まう人のこだわりはもちろん、立地を味方につけた設計を行えるフルオーダーの注文住宅ならではの魅力を十二分に活かした空間に仕上がっている。

リビングスペースは実に4面からの採光で『陽だまり』と呼ぶにふさわしい明るさに。奥面の壁をワントーン濃くすることで、空間にシャープさを生んでいる。

ダイニングルームとリビングルームに角度をつけることで空間にメリハリを。ダイニング横に設けられた棚は、PC、電話の台のほか、多目的に使える便利なスペースに。

吹抜になった階段室も重要な明かり取りのスペースに。

ダイニングの三連のペンダントライトは、少しのレトロ感で空間に優しさを。1階の水廻りにも十分な光量が。タイル貼りの鏡周りがアクセントに。

1階の水廻りにも十分な光量が。タイル貼りの鏡周りがアクセントに。

様々な場所に設けられたニッチ(壁面のくぼみ)や飾り棚は、暮らしに潤いを与えるギャラリースペース。お気に入の小物や華族の写真を飾れば、空間全体に家族の個性が行き渡るよう。