2019年入社 施工管理課
北海道札幌市出身/青山建築デザイン・医療事務専門学校卒
加藤優月

何ごとにも前向きにチャレンジできる環境と、
自分の成長を実感できる毎日に、働き甲斐を感じる。

優先順位を付けた就職活動で
憧れの戸建て住宅の会社に就職

子どもの頃から一軒家に憧れていて、高校・専門学校と建築を専攻していたので、将来は建築関係の仕事に就きたいと考えていました。就職活動は、自分がやりたいことができる会社、札幌市内にある会社といった優先順位をつけ、企業説明会にも早い時期から参加していました。豊栄建設に決めたのは、私が志望していた戸建て住宅が中心だったことや、説明会場のショールームも素敵だったこと、そして、スタッフが明るくアットホームな職場の雰囲気が印象的だったので、「ここで働きたい」と思いました。採用試験は緊張しましたが、面接官の方と同じスポーツ経験を持っていたという共通点もあり、落ち着いて自分の思いを伝えられたと思います。

現場のコミュニケーションを大切にし
疑問点は積極的に質問して解消

良い家づくりには業者さんや大工さんの協力が必要になりますので、とにかく現場のコミュニケーションを大切にしています。入社当初は右も左も分からず、仕事を覚えることで精一杯でした。そんな不安の中で心掛けたのが、毎日現場に同行させてもらい、分からないことは積極的に質問するということです。それを続けているうちに少しずつ慣れましたし、名前も覚えていただけるようになりました。女性の施工管理スタッフはまだまだ珍しいですが、現場の方たちはとても親切で働きやすいです。お客様と直接お会いするのは、基礎工事に先立つ「遣(や)り方」という立ち合い時になりますが、これは何度経験しても未だに緊張します(笑)。

現場を効率的に進めるために
責任者としてもっと力をつけたい

入社3カ月後から、実際にお客様の家を担当させていただいていますが、打ち合わせがうまく進んだり、喜んでいただいたり、感謝されたり…といったことの積み重ねが、自身のやる気やモチベーション向上に繋がります。また、できなかったことができるようになっていくこともうれしくて、この仕事に働き甲斐を感じています。1つとして同じ現場はありませんし、業者さんや大工さんによって仕事のやり方や進め方が違うので、臨機応変な対応が必要になります。お客様に満足していただける家づくりのために、責任者として決められた工期の中で効率的に現場を進められるよう、これから多くの経験を積んで、自分の仕事のスタイルを見つけていきたいです。