2018年入社 営業1課
北海道札幌市出身/前職:練成会グループ
松倉司

たくさんの出会いがあり、
チャレンジができる場所。

人の“大きな夢”をサポートできる
新しい分野に飛び込む!

塾の運営に携わっていた前職当時から「人の人生に関わる大きなものを売りたい!」と漠然と考えていて、営業職に絞った転職活動をしていました。そのときにしていた住宅業界の研究の中で豊栄建設を知りました。詳しく調べると、札幌で着工件数NO.1の会社という点に引き付けられました。面接で印象的だったのが、営業マン1人当たりの平均契約数が15棟前後という多さ。「ここならたくさんのお客様と出会い、他の住宅会社よりも多くのお客様の夢をサポートでき、同時に私自身も成長できる」と思いました。商品自体の力やコンセプトについても他の会社にない魅力を感じ、「絶対に豊栄建設で働きたい!」という思いから、この会社への転職を決めました。

上司との出会いがターニングポイント。
営業としての心得は日々の行動から学ぶ

転職1年目に研修担当だった上司との出会いが自分を変えました。3カ月ほど上司の営業に同行しましたが、始業から就業までお客様との商談、打ち合わせで1日の予定はびっしり。 電話反響や資料請求、モデルハウスでの待機など、時間が許す限りさまざまな方法でお客様に積極的に営業していく姿は、今でも目に焼き付いています。1人立ちした当初は新規契約を追いすぎて、契約後のお客様の対応が疎かになりお叱りを受けたこともあります。今では少しずつ自分のキャパシティも広がり、契約後のお客様からも「営業が松倉さんでよかった」と言っていただけるようになりました。この喜びを忘れず、これからもお客様に寄り添える営業を続けていきます。

基本を忘れず自身を磨き、
トップ営業マンを目指す!

転職して1年半、上司や先輩、そして、お客様にも恵まれ、合計21棟の販売実績を上げることができました。私が営業として心掛けているのは “約束は必ず守る”“お客様からのお問い合わせにはその日のうちに返答する”といった当たり前のことです。「利己の精神、利他の精神」という言葉がありますが、「他人のため」と思って仕事をすると自然と周りからの協力も得られ、物事がスムーズに進みますし、それが延いては自分のためにもなると思います。いま、営業の知識やスキルの向上を目的に、宅建士の資格取得に向け勉強中です。成長できる場所に身を置いているからにはトップ営業マンになりたいので、勉強も、日々の業務も全力でがんばります。