2017年入社 設計課
北海道札幌市出身/北海学園大学卒
大西佳那子

成長期の会社の中で、
自分自身も一緒に成長していることを実感。

設計職を希望した私に
活躍できる環境を与えてくれた

住宅業界を中心に就職活動を行っていましたが、女性の設計職希望となると難色を示す会社が大半でした。設計職として北海道で就職したかったのですが、内定を掴めないことに焦りを感じて他業界に視野を広げたり、道外に面接を受けに行ったり…。そんな中、豊栄建設で設計職とIC職の両方を募集していたのを知り、すぐにエントリーしました。面接は緊張しましたが、それまでの採用試験の経験が活きたのか、1番自分の素に近い形で臨めたと思います。会社説明会ではIC職希望で参加しましたが、設計職の先輩のお話を聞いたときに、女性の設計職希望を快く受け入れてくれたのが嬉しかったですし、先輩の人柄が良かったことも入社の決め手になりました。

地道な努力や後輩の指導を経て
レベルアップを実感

入社後の研修はいろんな意味で刺激的でした。厳しさもありましたが、今となっては良い思い出ですし、同期たちとも仲を深めることができました。設計業務が始まると学べる喜びと同時に、自分の非力さを日々感じました。怒られることはありませんでしたが、正直、上手くいかないことに気持ちは沈んでいました。しかし、地道に努力を続けるうちに図面の修正箇所も減り、先輩から「もう、1人で任せられる」と言われたときは嬉しかったです。2年目からは後輩もでき、未熟ながらも指導係に抜擢されました。当時、2級建築士の試験を控えた状態で、指導と勉強のバランスを取るのが大変でしたが、この経験が私をレベルアップさせてくれました。

お客様の要望に応えられる
プランナーを目指す!

今日までの経験で分かったのは、苦しくても諦めずに粘り強く続けること、そして時には素直に周りに助けを求めることの大切さです。私は現在、プランナーとして始動し始めました。先輩が用意してくれる課題に対してプランを作成したり、お客様との打ち合わせにも同席させていただいています。入社してから何百もの物件に触れてきましたが、自分でプランを考えてみると難しく感じることが多く、これまでとは別の苦悩に直面しています。今の目標は、お客様の要望に応え、きちんと理由のあるプランを作れるようになることです。そしていずれは、お客様から「あなたに設計してもらって良かった」と言ってもらえるプランナーになりたいです。