2017年入社 経営企画課
北海道岩見沢市出身/前職:株式会社リクルート住まいカンパニー
高橋亜美

事業成長のポテンシャルと、
個々がチャレンジできる環境が魅力。

“大変そう”と感じたからこそ
「自分の力を試したい!」と思った

漠然と転職を考えていたときに、以前同じ職場で働いていた先輩に声をかけていただいたのが入社のきっかけです。前職でデータ集計などを行っていたのですが、そうした人材が必要だと言われ、まずは話を聞いてみようと思いました。それまでは “豊栄建設=地場大手”という、ただ目に見える情報しかありませんでしたが、採用面接試験に望んだ際、会社が今どういう状態で、それをこれからどうしていきたいのかという具体的な内容を伺い、「大変そうだけど面白そう、やりがいがありそう!」と感じたんです。面接自体もすごくラフな雰囲気で話しやすかったこともあり、「ここで自分の力を試してみよう!」と思い入社を決めました。

会社の変化と共に私も変化し、
進化し続けなければという意識が一層高まる

入社当初に携わったのが営業部内のシステムづくり。会社としては、慣れたやり方を続ける方が楽かもしれませんが、長期的な視点から、圧倒的に生産性が低いものについては変えていく必要がありました。業務を推進する上で、これまでの経験を通して形成してきた正論や、常識だと思っていたことが簡単には通用しないことに戸惑いもありました。しかし、そこからの攻略法がやりがいに繋がりましたし、当初なかったものが今では当たり前のように運用されていることもたくさんあります。所属部署の変更に伴い、私自身、やるべきことや求められることの変化を感じながらも、私も共に変化し、進化し続けなければいけないという意識が一層高まりました。

行動し、達成し、経験を積み上げ、
自分の人生をさらに良いものにする

これまでの社会人経験における失敗も成功も含めて分かったことは、行動することの大切さです。まずはやりきること。そこからしか結果は得られません。そのために必要なのは、明確なゴールとプロセスの設定だと思います。小さなことでも成功体験が積み重なれば、自分の仕事に対する勝ちパターンや、勘が磨かれて自信にも繋がっていきます。私は自分ができることの選択肢を増やすため、能動的に学んで吸収することを目指しており、ポジティブやネガティブ思考に偏らずフラットに、嘘のないよう丁寧に生きることを心掛けています。なぜなら、そうした軸こそが仕事に対するスタンス形成や人生の行動指針になりますし、自分の成長にも繋がるからです。