2019年入社 設計課
北海道札幌市出身/室蘭工業大学卒
村上海帆

根気強く育ててくださる先輩たちの想いに、
きちんと応えられるようがんばりたい。

アットホームな雰囲気の中
チームで住宅建築に挑む

就職先はハウスメーカー希望でした。就職活動では、業務内容や福利厚生はもちろん、説明している方や会社の雰囲気も重視し、気になったことは面接で採用担当者に伺ってすぐ解決しました。豊栄建設の面接で印象的だったのが、上司と部下の方の関係がとても良い雰囲気だったことと、社長との最終面接で私の癖や言葉遣いについてアドバイスをいただいたことです。これが、豊栄建設に入りたいと思ったきかっけでした。一般的に大手では、営業がお客様と話してプランを決め、設計は専門的な作業をします。しかし、豊栄建設は1つの物件に対して営業・設計・インテリアコーディネーター・施工管理がチームを組み、全員がお客様と直接関わって家を建てていくと知り、さらに魅力を感じました。

先輩にサポートしていただき
同期と切磋琢磨しながら成長する

入社当初は先輩に迷惑ばかりかけ、勤務時間を長くするだけでしたが、分かりやすいご指導のおかげで、少しずつ成長できていると実感しています。同期の存在も大きく、疑問点などは共有し相談して解決するなど、互いに切磋琢磨しながら知識と経験を積んでいる真っ只中です。そのがんばりが認められたのか、上司との面談の際に、「仕事の流れを理解できるようになった」と褒められ、とても嬉しかったです。今はまだまだ覚えること、やるべきことがたくさんあり、先輩や周りの方に助けていただくばかりですが、もっと仕事を覚えて、少しでも早く役に立てる人材になりたいです。そのためにも、できる限りの努力は継続していきます。

先輩の気持ちに応えられるよう
何事も一生懸命に頑張るのみです!

どの作業も始めた頃は間違いばかりで訂正指示も多く、そのたびに先輩に時間を割いていただき、都度指導していただきました。間違いやすい部分をノートにまとめたり、時間をかけて何度も確認するうちに少しずつミスが減り、新人同士でチェックできるようになったときは「やっとここまできた」という感じでした。先輩はこの作業を毎回何人分もやっているのだと思うと、後輩を育てようと根気強く向き合ってくださった気持ちに、感謝でいっぱいです。今はまだ、仕事で次々と分からないことが出てくるため、覚えるのに精一杯ですが、いずれ1人でお客様を担当したときに先輩の思いに応えられるよう、何事も一生懸命に取り組もうと思っています。