2005年入社 設計課 課長代理
北海道別海町出身/青山工学・医療専門学校卒
佐藤裕介

やりがいのある仕事であることを、
自分たちの仕事ぶりから若い社員に示したい。

当時は就職氷河期の時代
気付けばあっという間の15年

就職活動時は、いわゆる就職氷河期と言われる時代です。設計志望でしたが、求人はほとんどなく、専門学校卒業後も周りの友人たちよりのんびり就職活動をしていました。そんな私に、求人担当の先生が紹介してくれたのが豊栄建設でした。当時、私は豊栄建設という会社を知らず、また、募集内容が施工管理だったこともあり、あまり乗り気ではありませんでした。ただ、調べていくと、桑園にショールーム(現在のハウジングラボサッポロ)ができたばかりだったり、会社の勢いを感じました。面接時に「設計をしたい」と伝えたところ、募集のなかった設計課で採用が決まり、現在に至ります。気が付くとあっという間に15年、自分自身でも驚いています。

お客様の「ありがとう」が
自信とモチベーションになる

振り返ってみると、設計アシスタント時代からずっと、周りの方に助けていただいておりました。設計プランナーになった当初は自分の力が足りず、もどかしく思う気持ちもありました。あるとき、お客様と何度も打ち合わせを重ねて住宅が完成したとき、「あなたが担当でよかった」というお手紙をいただきました。その言葉を目にしたときは本当に嬉しくて、たとえ力が足りなくても、お客様と真摯に向き合うことで満足していただけるのだと自信に繋がりました。これまでに約1000棟の建設に携わりましたが、ともに家づくりをしたお客様からいただくお礼の言葉やメールが、最大の喜びとともにモチベーションになっております。

手本は身近に。若い社員を育てることが
会社全体の底上げに繋がっていく

社歴も長くなり、経験も重ねたことで、次第に自分の担当のお客様以外のことにも目を向けなくてはならなくない立場になってきました。自分の力が充実した今こそ、かつて周りに助けられたように、若い社員たちをサポートしてあげたいと思っております。若い人が育つと、会社全体の力の底上げにもなりますし、必然的に活気も生まれてきます。自分たちの仕事ぶりから今後の自分に必要な何かを感じ取ってもらい、対面でお客様と一緒に作り上げていくことがやりがいとなり、それが大きな感動になり、自信に繋がるということを知ってもらえたら嬉しいですね。そんな後輩の成長やお客様の満足、そして家族の幸せこそが、自分にとっての幸せであります。