2019年入社 設計課
北海道伊達市出身/藤女子大学卒
髙谷麻凛

“チャレンジを応援してくれる会社”で、
インテリアコーディネーターを目指す。

様々な疑問への丁寧な対応と
仕事のイメージのしやすさが決め手

大学で住居学を学んでいたこともあり、就職活動は建設会社や建材メーカーを中心に行いました。中でも私が重点を置いたのは、面接対策です。マイナスな印象を与えないよう、テンポのいい会話や、どんな質問に対してもはっきりと答えられる練習をして本番に臨みました。豊栄建設にエントリーしたのは、会社説明会の後にショールーム見学があり、他社に比べて仕事のイメージがしやすかったためです。また、営業社員の方たちと3人で面談をする機会をいただき、建設会社で働くことのやりがいや不安などの質問に丁寧に答えてくださったことで、仕事内容をより具体的にイメージできたのが大きかったと思います。

厳しい研修や先輩の指導のもと
基礎知識や新商品の知識を学ぶ

グループワークを中心に取り組んだ新人研修は、想像以上に厳しい内容でした。しかし、そこで電話対応やビジネスメールなど、新社会人としての基礎を教わったことで、学生から社会人への気持ちや姿勢の切り替えができたと思います。今はインテリアコーディネーターとして、弊社が扱う住宅設備の標準仕様知識に加え、オプション仕様や新商品の知識を蓄えるために、日々勉強中です。先輩には接客練習に付き合っていただいていますが、上手く説明や提案ができなかったときは申し訳ない気持ちになります。ただ、商品への理解度は着実に深まりましたし、少しずつですが自分が成長していることを感じています。

コツコツ積み重ねることで
未来の自分に自信がつく!

今の目標は「インテリアコーディネーター」という肩書に負けない人材になることです。まだまだ商品知識も少なく提案も上手にできませんが、日々の勉強の結果、先輩の話を聞いて理解できるようになっています。先輩に「書記になるのではなく、プラスの提案が必要」と教わったことを忘れず、お客様の期待に応えられるように自分自身をスキルアップさせていきたいと思っています。今の自分を動かす原動力は“コツコツ積み重ねることで未来の自分に自信がつく!”という気持ちです。そのためにもまずは、インテリアコーディネーターの資格取得を目指し、さらに勉強を続けます!